札幌市豊平・菊水の書道教室 『かえで書道苑』

少人数でアットホームな書道教室です。

よく見る。


文化書道一月号 競書課題

読み:春風最も窈窕(ようちょう)、日は晩(く)る柳村の西
意味:春風がなまめかしく吹き、日が柳の茂る村の西に暮れる

こんにちは。
サッカー感動しましたね。スポーツっていいな〜と思いました^^

さて、今回の行書。昨晩仕上げたのですが、「風」が難しかったです。特に、二画目。なかなかお手本どおりにはいかないものです。。

先生の口癖「目で半分、手で半分」
書くことばかり集中しないで、同じくらいよ〜〜〜くお手本を見て書きなさい。ってことなんですけどね。

設計図の指導?ってくらい、1ミリ長いだの短いだの太いだの曲がっているだのって言われてました。(んもー、細か・・って思ってましたが。。)
その細かく見るのがとっても大事で、しかも難しい・・

一画目は二画目よりも細いのか太いのか。その一字の中でどの線が一番太く書かれているか。などなど。
お手本は無言でたくさんのことを教えてくれています。



おまけ

手にとるととっても軽いので、
「かるわん」と呼んでいます^^