札幌市豊平区/菊水駅/学園前駅の書道教室🍁かえで書道苑

札幌市豊平区/菊水駅/学園前駅にある少人数制でアットホームな書道教室です。今なら体験レッスンが★無料★書道の基礎を身につけられるようあなたのペースに合わせてお稽古します。師範免許も取得できます。小学生から大人まで心を込めてご指導いたします。ペン字や硬筆もOK。ホームページhttps://kaede-sho.net/

二十二首目 二十三首目

こんにちは〜、恭泉です(^^)/

書いてますよ、百人一首

二十二首目

文屋康秀
ふくからに 秋の草木の しをるれば
むべ山風を あらしというらむ



平安時代、漢字を歌によむ、
パズルのような「ことば遊び」が流行しました。
文屋康秀がこの流行にのって、
「嵐」という字を歌によんでみたものです。


山から風がふき下ろすと、すぐ秋の草木がしおれてしまうので、
なるほど、それで山風を嵐というんだなぁ。


*秀康は六歌仙に数えらる名歌人^^





二十三首目

大江千里
月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ
わが身ひとつの秋にはあれねど


これは、大江千里が月をながめながら、
別れた恋人のことを思い出して読んだ歌です。


このすみきった秋の月をながめていると・・・
さまざまに心が乱れて、物悲しさにつつまれます。

何もわたし一人だけを、このように悲しくさえるために
やってきた秋ではないのだれれど・・・



*大江家は学者一家^^