札幌市豊平・菊水の書道教室 『かえで書道苑』

少人数でアットホームな書道教室です。

伝えていくこと。

こんにちは、恭泉です。
3月終わりますね!

春は嬉しいのですが、本業の職場が繁忙期となり、
休みが日曜のみでちょっと悲しいです。

でも、土曜日は大好きな生徒さんに会いたくて、
飛んで帰ってきてます。

一度、飛び損ねてしまったことがありますが・・・
でも、許していただてて助かりました。

ピアノでもお花でも水泳でも、
お稽古ごとはなんでもそうだと思うのですが、
ひとりでのお勉強や練習は、限界があると思うのです。

長く続けていくためにも、応援団員が一人いるだけで、
全然違うと思うのです。

私は、文化書道の最高段位をお勉強する際、
4年間ひとりでした。

とにかく、自分がわかる範囲で、努力しました。
そして、だんだん自分が上手だと思ってしまう錯覚が始まりました。

それでも検定には合格できず、
それが勘違いだと思い知らされました。

勘違いまではわかったのですが、何がダメなのかわからないのが、
一番伸びない原因でした。

4年挑戦してダメだった私は、
お教室すら開いていない、
とても腕のいいご婦人に会いに行きました。

ご婦人は快く、私の不合格の書を見てくださいました。

その後、そのご婦人は私の先生になりました。

先生は私にきちんと最高段位を取らせてくれました。
先生はその後も、生徒をとらずずっと私だけの先生です。

そして、最高段位をとった後も、
たくさんのことを教えてくれています。

次は私が誰かにそれを伝える番でして。。

伝統芸は、誰かに引き継いでいってもらわないと、
消えていってしまいます。

自分だけが上手になったところで、
そこで終わってしまうのです。

それはとても残念なことなので、
私は書道教室を開きました。

もっと、早く開けばよかった。と思うこともあったり、
こんな条件でしか開けられないなら、
定年後に始めればよかったのかもと思ったり。

でも、開いたことでたくさんの出会いがあって、
本当によかったと思ってます。

出会いは財産です。

出会うとお別れがつらいですが、
どんな出会いも必ずお別れがあるのですから、
そこをおそれるのは良くないことだと思ってます。

まだまだ先生としては1年生ですが、
楽しくやらせていただいてます。

ご興味がある方は、ぜひ体験にいらしてくださいね〜。
遊びにくる感覚で〜(^^)/